木と漆喰 十津川の家

塀の高さは?

塀の高さは?

2022.05.06

  1. #下村
みなさんこんにちは
十津川の家の下村です!

本日は家の周りの塀についてご相談があったのでまとめます!

一般的な塀によく使われるコンクリートブロックの場合は1.2メートルの6段以下にする必要があります。
ブロック塀の上に目隠しフェンスなどで2.2メートルまで高くすることも可能です。

塀は境界をはっきりさせるだけでなく建物が通行の目に晒されないようにする役割もあります。

1.5メートルから1.8メートル程度の高さにすることで目隠しとしての機能を持たせられますね。

高くすると目隠しとしての機能は高まりますが、作る際の費用が増えるだけでなく、泥棒のような人が侵入しても通行人から見えにくいため逆に侵入を許しやすくなってしまう場合もあります。

そのため高さを上げて完全に隠すよりは中に人がいる気配は感じられるスリット状のものなどを採用することで防犯性とプライベート空間の両立が図れます。

塀を建てるときはぜひそういった要素を考えてみてください。

ぜひ十津川の木で作った家を
感じてください!

十津川の木をふんだんにつかった家の良さは、
実感していただかないとわかりません。
匂い、手触り、質感など…ぜひ一度、
わたしたちのモデルハウスに遊びに来てみませんか?
遠方の方は、まずは資料請求からでも。
どうぞお気軽にお申し付けください。