木と漆喰 十津川の家

大工によってつくられる家

大工によってつくられる家

2021.11.26

皆さんこんにちは
十津川の家の下村です。

十津川の家では無垢材を扱っており、無垢の扱いに長けた大工さんに現場に入っていただいております。

高窓で明かりを部屋へ落とす

近隣のお宅との距離が近い場合窓を広くとりずらいですが、そんな時は高めの位置にこのように
窓を取ることができます。

高い位置に窓を取ることで部屋に明るい印象を与えます。
比較的小さなこの窓は合板で建物の枠を覆ってしまってから、
窓の形に枠を作り窓枠の部分を切り抜いて作ります。

木造軸組みだからこその大開口

十津川の家では木造軸組み工法でたてており、
耐震強度を下げずに、窓を大きくとることが可能です。
こちらのお部屋では二面に大きな窓を入れる予定です。

細かい支柱がない部分は窓になります。

このように大きな窓の部分は先に枠を作り残りの部分を板で止めていきます。

この窓を支える枠だけでなく、壁や柱などすべてを一本一本丁寧に大工さんが作り上げていきます。
だんだんと図面で見たイメージに近づいていく物件をこれからも追っていきます!

ぜひ十津川の木で作った家を
感じてください!

十津川の木をふんだんにつかった家の良さは、
実感していただかないとわかりません。
匂い、手触り、質感など…ぜひ一度、
わたしたちのモデルハウスに遊びに来てみませんか?
遠方の方は、まずは資料請求からでも。
どうぞお気軽にお申し付けください。