木と漆喰 十津川の家

家の形ができてきました!

家の形ができてきました!

2021.11.21

  1. #下村 祐輝
皆さんこんにちは
十津川の家の下村です。

今日は先日上棟した物件の見学に行ってきました。
日曜日だったので大工さんはいませんでしたが
上棟から1週間ほどで部屋の大まかな形のイメージはわかるようになっていました。

玄関口から入ったところです。
幅の狭い筋交いが入った場所は耐力壁になる部分です。

手前に移っている横に広く入っている筋交いは間柱や耐力壁を入れきるまでの間躯体を支える仮筋交いです。

耐力壁はこんな形です。
太い柱は芯の距離が910㎜で、その中心に、あるのは間柱です。
その間柱を中心にバッテンを書くように筋交いが入ります。

このくぼみは何でしょう?
排水等のパイプも来ているのでここにはユニットバスが入りそうです。

ちょっと奥の方向に長いのは、この物件は一坪タイプの1616サイズから2回り大きい1620サイズが入るからです。
洗い場が広く介護などを視野に入れても使いやすいお風呂になりそうです。

広々バルコニーです。
屋根もかかっており、二面に眺望を確保しています。
ブルーシートの部分がそのまま開口部になる予定です。

ゆったり本を読んだり ゆとりある暮らしに使える予感です!

これからも随時様子を追っていきます!
今日はこの辺で失礼します。

ぜひ十津川の木で作った家を
感じてください!

十津川の木をふんだんにつかった家の良さは、
実感していただかないとわかりません。
匂い、手触り、質感など…ぜひ一度、
わたしたちのモデルハウスに遊びに来てみませんか?
遠方の方は、まずは資料請求からでも。
どうぞお気軽にお申し付けください。