木と漆喰 十津川の家

建築する際の中間金について

2021.09.30

  1. #内川 顕雄

こんにちは!

十津川の家ハウスコンサルタントの内川です。

これから新しく家を建築しようとお考えの際に、必ずご検討されるであろうご予算については皆さま不安に思う点はあるかと思われます。

そのなかでも注文住宅で家を建てる際に必ず発生する、中間金についてご質問頂く事が多いです。

どの時期にどのくらいの支払いをしないといけないか?その時の支払いは現金が必要なのか?などなど。

時期に関しては基本的には4回に分かれます。

ご契約時、工事の着工時、建物の上棟時、建物のお引渡し時です。

基本的に住宅ローンは完成した建物を担保に融資されますので、中間金のお支払いには利用できません。

そんな時に利用して頂くのが「つなぎ融資」です。

お耳にされたこともあるかと思います。

簡潔にいうと、建物完成までにかかる資金を借りることを指します。

住宅ローンよりも金利は高くなりますが、建築期間のみ(約4か月)のお借り入れなので負担は少ないです。

使用可能な銀行は決まってきますが、自己資金に不安をお持ちの場合は問題解決につながるかもしれませんので、これを見て気になられたらご相談にいらして下さい。

いつでも詳しくお話しさせて頂きます。

ぜひ十津川の木で作った家を
感じてください!

十津川の木をふんだんにつかった家の良さは、
実感していただかないとわかりません。
匂い、手触り、質感など…ぜひ一度、
わたしたちのモデルハウスに遊びに来てみませんか?
遠方の方は、まずは資料請求からでも。
どうぞお気軽にお申し付けください。