木と漆喰 十津川の家

暑さと住まいと

暑さと住まいと

2022.06.30

  1. #下村
みなさんこんにちは
十津川の家の下村です。

関西大阪ではもう梅雨明けが発表されて猛暑が続いていますがお体は大丈夫でしょうか?

猛暑が続くとエアコンがつきっぱなしでとんでもない電気代に!なんてこともあるかもしれませんね。
住んでいる人の体を適切な温度に保つために必要な電気ですがもう少し抑えたいですよね?

十津川の家では断熱材と窓、玄関ドアなど外と中の境界となる部分に力を入れています。

木の力で熱を妨げる

十津川の家では断熱材にウッドファイバーという木質系断熱材を使用しています。

木には熱を内部に溜め込む力があり普通の断熱材よりも中に熱が伝わるまで時間がかかります。

この時間差のおかげで強う日光が当たってもすぐに部屋の中が灼熱になることはなく感優しい温もりある空間を保てます。

またサッシや玄関ドアも断熱レベルの高い建材を使用していますので夏でも比較的電気代を抑えられます。

湿度で変わる体感

エアコンをつける時除湿モードを使うという方もいらっしゃると思いますがやはり湿度が高いと同じ室温でも体感が全然変わりますよね!

十津川の家の内装材は吸湿性があり部屋の中がジメジメしにくい空間づくりができております。
ぜひ展示場でもご体感ください。

ぜひ十津川の木で作った家を
感じてください!

十津川の木をふんだんにつかった家の良さは、
実感していただかないとわかりません。
匂い、手触り、質感など…ぜひ一度、
わたしたちのモデルハウスに遊びに来てみませんか?
遠方の方は、まずは資料請求からでも。
どうぞお気軽にお申し付けください。