木と漆喰 十津川の家

無垢の家/深基礎ってなぜ必要なの?

無垢の家/深基礎ってなぜ必要なの?

2022.10.28

  1. #池田

 

 

こんにちは!

住宅改革部の池田です😁

 

 

本日は、茨木市の現場に見学に行ってまいりました!

以前から解体工事の進捗を報告しておりましたお客様です!

 

 

今回は、深基礎と呼ばれるものがなぜ必要になってくるのかお話しできたらと思います!

 

 

以前は、まだ一階部分がほとんど残っておりましたが、今回現場に行くと、、、

建物解体後

建物の解体は完了し、更地の状態になっておりました!!
元々あった擁壁も撤去してもらい、現在は余分な土の撤去作業をしていただいております!

 

そして、駐車スペースとなる部分がこちら

駐車スペース

この、一段下がっていて前の道路との高低差を無くしている部分に車を停めるのです!🚗

 

 

写真では、左側部分が高くなっていることがわかるかと思いますが、ここに建物がのるように建築が進んでいきます。

 

 

そして、この駐車スペースとの高低差を埋めるために深基礎が必要になってくるのです✨

 

 

このように、深基礎は高低差がある土地に用いられることが多いものです!

みなさまも土地を探すときの参考にしてみてください☺️

 

 

住宅改革部

池田

ぜひ十津川の木で作った家を
感じてください!

十津川の木をふんだんにつかった家の良さは、
実感していただかないとわかりません。
匂い、手触り、質感など…ぜひ一度、
わたしたちのモデルハウスに遊びに来てみませんか?
遠方の方は、まずは資料請求からでも。
どうぞお気軽にお申し付けください。