木と漆喰 十津川の家

照明のカタチ

照明のカタチ

2022.03.21

みなさんこんにちは
十津川の家の下村です。

本日は新しく引き渡しさせていただく物件の撮影に行かせていただきました。

本日は施主様のこだわりと思われる照明についてチラ見せさせていただきます!

主寝室の枕元になりそうな位置にはおしゃれな形の間接照明が設置されていました。
夜は枕元に灯りが必要になるタイミングもあると思いますが、
天井のシーリングライトをつけると眩しすぎる!ということもありますよね。
そんな時に役立つのが間接照明です。

漆喰の壁は白く光も拡散しやすいので柔らかい光に変えて枕元を照らしてくれそうです。

階段室のブラケットライトはどこか懐かしさを感じさせる白熱電球のようなライトです。
オレンジ色の光が空間を柔らかく照らします。

見た目は白熱電球ですが実はLEDで長期間の使用も可能ということでした!

照明一つでも雰囲気が大きく変わりますね。

ぜひ十津川の木で作った家を
感じてください!

十津川の木をふんだんにつかった家の良さは、
実感していただかないとわかりません。
匂い、手触り、質感など…ぜひ一度、
わたしたちのモデルハウスに遊びに来てみませんか?
遠方の方は、まずは資料請求からでも。
どうぞお気軽にお申し付けください。