木と漆喰 十津川の家

ABOUT会社概要

十津川の
家について

わたしたちは昭和59年創業の工務店です。今では年間50棟以上の住宅をご提供しています。

現在にいたるまでの間、社会情勢も変わり、わたしたちだけではなく、お客様も家に対する期待や思いについて様々な変化がありました。

多くの方々のご支援ご協力があり、長くお付き合いいただいているオーナー様のご意見も含めたくさんのフィードバックをいただきながら、繰り返しアップデートを重ねてきました。
そんなわたしたちが大切にする価値観と、今現在の家づくりについて、ご紹介します。

十津川の家は
こうして生まれました

十津川の家の取り組みは、創業当時から一貫して「健康志向」です。アレルギーをお持ちの方や、お子様でも安心して過ごせる、そして、住み始めた日から将来までずっと安心して暮らせる家を造りたいという想いからすべてはスタートしました。

スタッフと共に試行錯誤する中で、「素材選び」こそが鍵であると考えました。
木や漆喰といった天然素材の素晴らしさは日本に残る伝統建築の存在がそれを証明しているとはいえ、これらを現代の住宅に無理なく取り入れるには、いくつかの課題を乗り越えなければなりません。

最大のネックはコストでした。無垢材の利用はどうしてもコストに直結しますし、漆喰も現代の家造りには高級な仕上げになってしまいます。

コストを下げることは、多くのお客様に健康な住宅をお届けできることに繋がります。わたしたちは国内外問わず様々な素材を探求していきました。

その中で、特に無垢材に関しては「国産」に対する強い思いがありました。日本の林業は海外の潤沢な木材に押され、昔ほどの勢いはありません。調査を進める中で、かつて奈良県の木材の一大産地であった十津川村では、森林組合と直接取引ができることを知り、早速お話を伺いに行きました。

村長との対話を通し、木材流通を進めたい、そしてそれが地域の活性化にもつながることを確信。結果として十津川村森林組合から直接木材を仕入れることが可能となり、わたしたちだけのコストダウンに成功しました。
仕入れるほど、十津川村の活性化にもつながる、ひとつのエコシステムが完成しました。

無垢材の他にも住まいを支えてくれる素材として、次に着目したのは内装の大部分を占める壁面です。こちらも様々な素材をリサーチした結果、壁面仕上げとして天然成分100%のスイス漆喰「カルクウォール」を採用しました。
カルクウォールはスイスで300年間変わらない伝統製法で時間をかけて熟成することで、細かく均一な粒子で強固な強さを実現します。
施工から100年かけて石に戻る再石灰化という特性があり、何世代にもわたって住まい継ぐこともできる美しい壁を保つことができます。
吸放湿性で湿度を過ごしやすく保ち、消臭効果や、カビや汚れにも強く、住まう人をより健康に保ちます。漆喰は日本の木質建材との相性も抜群で、組み合わせることで空間の質がより高まることを確信しました。

更には、直接目に触れるものではありませんが、十津川杉の繊維で作られた断熱材「ウッドファイバー」や、アマニ油から作られ無垢材の保護機能の役割もある「自然健康塗料リボス」、漆喰より安価ながら、ドイツで200年近く愛された呼吸する紙クロス「オガファーザークロス」といった様々な天然素材を採用しています。
これらの素材は、イニシャルコストだけでなく、ランニングコスト面も抑えながらも、健康に寄与する上質な空間づくりを支えます。

こうした自然素材で構成された空間の魅力は、どれだけ文章や写真を尽くしても100%伝えきれない要素があります。
その空気感こそを感じてもらうために、十津川の家を五感で感じていただくためのモデルハウスを建築いたしました。

高槻のモデルハウスは、今の弊社の標準仕様である天然素材をふんだんに盛り込み、高気密高断熱に必須の樹脂サッシの採用、キャットウォークやカウンター等実際に採用いただいている設備機能を体験いただけます。

また、令和になってオープンした池田のモデルハウスは、標準仕様から更に踏み込み、漆喰と板張りのみの上質な意匠等トレンドも重視した住まいとして建築。等身大から更に一歩豊かさを求める方に向けた贅沢な空間を再現しました。

可能な限り天然素材を活かした
わたしたち「十津川の家」は、
時間が経つほどにお客様の暮らしに
馴染んでいきます。

身体的な健康だけではなく心も健康に、
つい笑顔になるような、
時間が経つほどに愛着もわく
家づくりを実現します。

ぜひ十津川の木で作った家を
感じてください!

十津川の木をふんだんにつかった家の良さは、
実感していただかないとわかりません。
匂い、手触り、質感など…ぜひ一度、
わたしたちのモデルハウスに遊びに来てみませんか?
遠方の方は、まずは資料請求からでも。
どうぞお気軽にお申し付けください。