スタッフブログ

2023.10.16 #三輪朱音

大窓の断熱性が気になるとき

三輪朱音

こんにちは、十津川の家の三輪です。

住宅の熱の出入りは約7割が窓などの開口部から!というお話をよくさせていただきます。

十津川の家は樹脂サッシを標準採用していますが、壁面と窓では断熱性能は壁の方が高いです。

だからといって窓を小さくしたり、減らしたりするのはしたくない場合もありますよね。

YKKAPの複層ガラスには、遮熱タイプと断熱タイプがあります。

ガラスに特殊なコーティングがしてある商品です。

遮熱タイプは外からの熱を遮る加工がしてあるのに対して、断熱タイプは太陽光の熱は吸収しつつ内からの熱は逃がさない加工がしてあります。

南側の直射が当たる大窓は遮熱タイプの窓にして、北側は断熱タイプにする等の使い分けをすれば、窓の大きさや数を減らさずに快適な暮らしを実現できますよ。

住宅改革部 三輪