スタッフブログ

2024.02.01 #内川顕雄

預貯金が少なくても

内川顕雄

こんにちは!
十津川の家の内川です。

一般的に建売住宅の購入とは違い、注文住宅でお家を建築する際は、現場の着香時や上棟時に「中間金」をお支払いいただきます。

しかし住宅ローンの融資を受けることができるのはお家の完成引渡し時になります。

ですので、ある程度の現金を準備していないと注文住宅での建築はできないのでは?と思われている方が結構いらっしゃいます。

そのケースの場合にご利用いただくのが「つなぎ融資」です。

住宅ローンの融資が実行される前に、土地の購入代金や建築資金(中間金など)などが貸し出されるローンを意味します。

よく似たシステムの「分割融資」とは違い、ローンの支払いがスタートするのはお家が完成して決済完了後になります。

ですので、現在のお住まいが賃貸の場合も支払いが重複することなく安心して組んでいただくことが可能です。

ただしつなぎ融資自体の金利は、住宅ローンの金利よりも高く設定されている点はご注意ください。

しかしながら、35年間で組むことの多い住宅ローンとは違い、つなぎ融資の期間は建築期間中の4~6か月程度なので大きな負担になることは少ないと思いますのでご安心ください。

こういった住宅ローンや資金計画に不安を持たれている方は多いと思いますので、いつでも気軽にお問合せ下さい。

お待ちしております♪