木と漆喰 十津川の家

断熱材の役割

断熱材の役割

2022.02.10

みなさんこんにちは
十津川の家の下村です

本日は断熱材についてご紹介させていただきます。
断熱材とは読んで字の如く、
熱を断つための素材です。
外と空気の出入りが限られる家は外部からの熱を制御しないとビニールハウスのように日射が強い時は熱がこもり、寒い時期には外より少し高い程度の温度になってしまいます。
そのために外壁と内装の間、壁の中に熱を遮る目的で入れるのが断熱材です。

十津川の家では他ではあまり使われていない断熱材「ウッドファイバー」というものを使っているのでその特徴をご紹介

断熱材による吸放湿性の比較

壁の中も調湿

十津川の家で使用するウッドファイバーは木の繊維で作られた断熱材です。
木で作られているということは水分を吸い込んだり放出したりして空間の湿度を調整します。

湿度の高い時期や寒い時期などは壁内の金属部品など冷たくなる部分に内部結露が発生しやすくなってしまいますが、壁内の湿度が一定に保たれていれば結露のリスクを抑えることができます。

壁内で結露が発生すると躯体の腐食など建物の構造にもダメージを残すことがあるので気にしたいポイントです。

一般的な断熱材との熱照射実験の比較

熱しにくく冷めにくい

ウッドファイバーの大きな特徴として次に挙げられるのは熱容量の大きさです。
物体の温度を上げるために必要なエネルギーの量が多いものほど熱容量が大きくなります。
ウッドファイバーは熱容量が一般の断熱材に比べて大きいので熱しにくく冷めにくい性質を持っています。
熱しにくく冷めにくいということは急激に外の温度が上がっても室内への影響は少なく、
昼間に貯められた熱で夜間は保温される為室内の温度を一定に保ちやすくなります。

断熱材ごとの耐火実験

いざという時の要

断熱材は建物の外壁の裏側に必ず入っていますが万が一お隣から火が出た時に、建物を守る働きもあります。

木でできているというところから燃えやすいのでは?とイメージされた方も多いのではないでしょうか?
実はウッドファイバーは一般のグラスウールなどの断熱材に比べて火にさらされた時の耐久時間が長いという結果が出ています。

ウッドファイバーに火が当たるとその部分は炭化するため燃焼が広がりにくくなっています。
一般の健在だと解けるなどしてすぐに貫通してしまいます。
この差がいざという時の逃げる時間にも影響します。

また、一般の断熱材の場合焼けたり溶けると有毒なガスを出すこともあります。
ウッドファイバーでは万一燃えたとしても焚き火などと同じような成分しか出ないのでガスの有毒性も比較的低くなります。

いざという時は来ないことが一番ですが来てしまうこともあります。
そんな場合にも最後まで力を発揮してくれるのがウッドファイバーです。

特徴をいくつかまとめましたが、
どの特徴もウッドファイバーならではのものです。
ぜひ一度展示場や現場見学で実物をご確認ください。

ぜひ十津川の木で作った家を
感じてください!

十津川の木をふんだんにつかった家の良さは、
実感していただかないとわかりません。
匂い、手触り、質感など…ぜひ一度、
わたしたちのモデルハウスに遊びに来てみませんか?
遠方の方は、まずは資料請求からでも。
どうぞお気軽にお申し付けください。